中国語検定

ビジネス、学問で大活躍

現代社会で欠かせない存在となっているのが中国。
中国は経済的にも潤っている状況となっており、日本でも爆買いと呼ばれている行為がニュースなどで報道されています。

参考:中国語検定:中検ならHSK【中国政府公認資格】

しかし、そんな中国人と何気ないコミュニケーションをできる日本人は、それほど多くない状況となっています。
そのため、中国語に関する能力を有している人は、コミュニケーションが必要な場では高く評価されるようになりました。
有名な機関では交通機関に携わる仕事がそうです。
空港が特に有名な働き先となりますが、インフォーメーションセンターで活躍されたい人の場合、今では必須とされている資格の1つとなっています。

他にも、国内の歓楽街、ホテルといったサービス部門でも中国語検定保持者は高く評価されます。
というのも、近年では爆買いだけでなく、国内を訪れる外国人はほとんどが中国人という状況になっているからです。
また、中国語検定にはHSKのように世界共通基準の規格が存在しますので、安易に中国語であれば何でも良いというわけではありません。

中国語検定を取得されていると、仕事だけでなくその他のコミュニケーションでも多大な影響を与えてくれます。
例えば、留学・旅行が該当となるでしょう。
近年では、日本以外でも中国語検定を勧めている国が増えてきているので、英語のコミュニケーションが苦手でも、中国語でコミュニケーションが取れれば問題ないという場合が多いです。
個人で旅行する際にも、中国語ガイドを理解できれば難なく旅行を満喫できることが多くなってきてます。

またHSK規格の中国語検定ですが、世界では875ヶ所以上、国では114以上の国(地域)で実施されている検定です。
中国語の検定は数が多いので、これから先において有用性が高いと評価される語学を得たいのであれば、HSKのような世界基準になっている中国語検定を取得したほうが良いでしょう。

このような評価は世界全体では安定した評価を受けられるため、今ではヨーロッパ全体でも評価を受けている企画となっています。

学習能力にあった学習が可能

HSK中国語検定ですが、級別でスコアを設けているので、「これから中国語を学びたいけど、最低限の語学力が身に付けばそれでいい」という人にも最適です。
級別スコアというのですが、級はすべてで6段階となっています。

学習能力、現在取得されている級なども判別してもらえるので、受講の際に級別スコアについて相談されていなくても、適切な級から学習がスタートとなります。
中国語検定ですが、試験内容としては読解力・聞き取り能力・筆記の3種で構成されているので、一般的な試験と試験内容は大きく違いません。
分野別でスコアが表記される仕組みになっていますので、どのような能力が不足しているのかも、講座などを通じて学ばれているようであれば、一目で分かるような仕組みにもなっています。