証券アナリスト

分析を主とする仕事

証券に関する投資を担当する人は、証券アナリストを有している必要があります。
不動産の販売でも資格が必要とされていますが、証券アナリストも投資においてアドバイスをするだけでなく、法律的な面の介助役として活躍できる資格となっているのです。

また、証券アナリストというと客先に出向いてアドバイスを行っているイメージがありますが、基本的に個人の時間が多い資格(仕事)でもあります。
というのも、高度の専門知識を持っているとされる証券アナリストは、専門的なアドバイスを行えないといけないからです。
今では当然とされていますが、昔では情報収集や高度な専門知識を携えている人は、それほど多くはなかったとされています。

そのため、今では証券会社などで証券アナリストを有しているだけでなく、実績についてもあるのかが見られるようになりました。
その際に分析力・情報収集力が評価されるのですが、多様な投資意思についてどのような理解があるのか求められることもあります。
簡潔にまとめると、勤め先によって証券アナリストの扱いはずいぶんと違ってくるのです。

投資に関する分析のスペシャリストとして扱われるケースもあれば、投資価値の評価を端的に言う立場として、重要なポストで発言を行っていくケースもあります。
このような特徴もあるため、証券アナリストはキャリアアップにも欠かせない資格として有名です。

ただ、このような特徴があるのですが、投資管理サービスに関する部門で仕事を始めるというのは、どのような企業で勤めた場合でも変わりません。
昔と同じで、客に対して証券アナリストがアドバイスを行っていく仕組みは、今でも大きくは変わっていないのです。

難易度はかなり高い

証券アナリストには試験について注意点があります。
それは、他の資格試験と比べても証券アナリストは難易度が高いという点です。

本来はセミナーや通信講座によって学習をされている方であれば、半数以上が合格する資格が多いのですが、証券アナリストは1次・2次ともに約49.5%前後とされています。
要するにほとんどの人は、しっかりと学習されていても証券アナリスト資格試験では落ちてしまいやすいのです。

なので、証券アナリスト資格試験で合格したい方は、なるべく合格率を重視してセミナーや通信講座を選ぶようにしましょう。

就職・仕事内容

就職の内訳ですが、投資信託会社か投資顧問会社で就職される人が多いです。
他にも有名な会社で就職されている人もいますが、証券会社、生命保険会社など定番の業者で、就職される割合が高い状況となっています。

就職後の仕事内容ですが、基本的にお客様に対するアドバイザーとしての仕事と、コンサルタントとしての活動が主となります。
特殊なケースでは、投資の判断基準といった情報の提供を行う仕事もあるのですが、フリーの証券アナリスト以外はあまりこのような仕事をしない場合が多いです。