消費生活アドバイザー

接着剤のような人材になれる

消費生活アドバイザーというのは、名の通り消費者に対して適切なアドバイスを行える人材のことです。
企業と消費者というのは、どこまでいっても売買上での関係でしかありません。

ですが、消費者が言いたいことは正しく学んだほうが、企業としても利益につながる場面があるため、見逃す手はない・・・ものです。
しかし、そんな消費者の意見を正しく吸収できる人がいないため、表面的な付き合いを強いられることが多くあります。
消費生活アドバイザーは、そんな消費者との摩擦を無くしてくれる接着剤のような存在なのです。
そのため、今では企業側の営業努力として消費生活に関わるアドバイスは欠かせません。

他にも、消費生活アドバイザー資格を有している場合、企業だけでなく行政の間でも働けるようになります。
むしろ、企業より行政のほうが今では消費者とのすれ違いが多いかもしれません。
やりがいに関しては、消費者側の気持ちに立てる人であれば、十二分にあるお仕事でもあるのです。

また、消費生活アドバイザーを有しているは、消費者との関係を修復、もしくはアドバイスする側として社会貢献することもできます。
ボランティアのような活動ではなく、もっと直に人とコミュニケーションを取りたいという人は、消費生活アドバイザー資格と相性が良いでしょう。

通信講座利用で取得できる

消費生活アドバイザー資格は、何も実務経験を経て資格を獲得するばかりではありません。
1年以上の実務経験も必要となる資格ですが、さわりの部分のみ知りたいという人は通信講座を体験されてみるのも良いでしょう。

また、消費生活アドバイザー資格の通信講座費用はそれほど高くありません。
一般的な通信講座で、就職に活かせるものでは10万円近くかかるものが多いのですが、消費生活アドバイザーは年間の受講料が3万円程度で済むのです。
そして、なんといっても合格率が本当に高まるため、このような通信講座の人気は高まっています。
通常では、50%未満しか合格されていない資格なのですが、通信講座を通じて学ばれている人の場合は60%以上という成果が上がっていますので、何度も試験を受けるのが嫌な人にもオススメです。

消費生活アドバイザーの通信講座では、合格率に関する記載も行われています。
もし興味がある際は、そのような面でも安心して受講できるか先にチェックしておきましょう。
今では、電話によるアドバイスを行っている通信講座もありますし、最初に体験のみさせてもらえるものも用意されています。
昔と違い、個人で学習する人は減ってきていますので、やはり合格率を少しでも上げたいというのであれば、消費生活アドバイザーは講座を通じて学習を進めていったほうが良いです。