効果的なマネジメントをしたい

・マネジメントに求められるもの

営業においてマネジメントはそのチームの営業成績に大きく影響を与えるものであり、そのマネジメントの如何でチームの結果が決まってくると言っても過言ではありません。

ビジネスマンには同じ8時間(もちろん残業などを含めるともっと長い時間になりますが)という仕事の時間が同じようにすべての人に割り当てられます。
その時間の中でいかに効率よく、かつ効果的なマネジメントを実施するかで結果が大きく変わってくるのです。

マネジメントに求められるものは非常に大きく、かつ会社の勝負を決める重要な要素であると言えます。

・人材マネジメント

マネジメントとしてもっとも重要視されるであろうものが、この人材マネジメントとなります。

一般的な会社には評価制度という人事制度があります。組織の中でどのような活躍をする人材なのか、どのような目標をもって日々の業務に取り組んでいくのかを測る材料として、この評価制度という制度があるのです。

人間は目標が無いと日々の努力は出来ません。ゴールが無いとランナーは走る意味を見失うのと同じようですね。なのである程度の期間を区切り、目標をたてさせ、そしてその目標に対して結果がどうだったのかを考えさせるのです。

しかしこの評価制度というのがたくさんの管理者を悩ましている種であるのも事実です。みんな頑張っているのはわかっているので、評価してあげたいのですが、全員評価してしまうと会社が成り立ちません。評価はその人に対する対価としての給与に反映するからです。

そのため評価する側は目標の難易度はどのくらいか、また評価の段階で言っている事は事実として捉えられるのかをしっかり見極める必要があります。過大自己評価をする人員もいるからですね。

また評価タイミングになる前に進捗がどの程度なのか、達成するまでにどれくらいの進捗度なのかを確認する必要があります。そうすることによってメンバーが自分の目標を思い返して、自分の進むべきベクトルが間違っていないかを確認するのです。

目標はあくまでも目標であって、それの方向性自体に修正が必要になる場合は思い切って修正する勇気も必要なのです。

・パフォーマンスマネジメント

評価と同じくらい重要なのが、その人材が出せるパフォーマンスについてのマネジメントです。評価にかぶる部分はありますが、その人材がどの程度のパフォーマンスを出せる人材で、どうすればベストなパフォーマンスを出せるのかを、しっかり見極めることが必要なのです。

マネージメントの役割としては、有能な人を選択し、その人にどれだけ効率的に、かつ効果的に行動してもらうかに限ります。自分の手数を増やすために、その人を育てて行く必要があるんですね。