部下の営業活動がつかめない

営業の仕事を初めて数年もしてくると、次第に新入社員も増えて部署内で先輩としてアドバイスをする側の立場にもなってきます。
企業においても組織体制をしていくために、新たにチームリーダーとして30代くらいからの社員に対し管理職的な役割を担当させていきます。
しかしそうした新しいリーダーたちの多くが直面するのが、自分主体として業務をしていく場合に比べて人を動かす仕事をするということの難しさです。
まして現在はどの企業も人件費をギリギリにまで切り詰めて業務を回していることもよくあるので、新たにリーダーとなる人たちは自身も営業活動を行いつつも、若手に対して指導やまとめをしていかなくてはならなかったりもします。

企業としては当然のことながらできるだけ営業成績のよい人にリーダーとしての役割をしてもらいたいと考えます。
ですが、名選手が名監督にかならずなれるというわけではないように、素晴らしい営業成績を上げることができていた社員がよいリーダーになれているわけではありません。
新しく管理職になった人の多くが愚痴としてこぼすのが「部下が思うように動いてくれない」「何をしているのかきちんと報告してこないことが多い」といった、チームとしての動きをしていくことができていないということです。
もちろん日々の業務が煩雑すぎるために綿密に連絡をとりあうことができないという物理的な問題もありますが、それ以上に重要なのは一つのチームとしての連携のありかたです。

「部下の活動内容がわからない」ということは、そのチーム内において業務が全般的に属人的行われているということであり、かつチーム内で連絡や報告がしづらい環境ができてしまっているということを示しています。
報告や連絡をしてこない部下がいることをこぼす上司・チームリーダーはよくいますが、それは本当に部下の方だけに一方的に問題があるのでしょうか。
自分が営業マンとして優秀であったリーダーほど、部下からの連絡や相談に対し「そのくらい自分で考えろ」「前に対処方法は教えた」「何度も同じことを言わせるな」といったように、自分ができていたことは部下にもできるという先入観で指示・指導を行っていることがよくあります。
最初はリーダーに対して連絡や報告をしてきた部下も、そうした入り口ではねつけられるようなことを経験するうち、都合の悪いことほど連絡や相談はしない方がよいというふうに思い込むようになっていきます。

最悪の場合にはリーダーの知らないところで部下同士で失敗や不祥事をもみ消すといった間違ったチームワークを発揮されてしまうようなこともあるようです。
煩雑な業務をしながらというハンデはありますが、それでもリーダーとして着任した以上は自分の視野だけでなく広くチーム全体を見渡せるようになるくらいの器量を持てるようになる必要があると言えるでしょう。
また人事側もリーダーばかりに管理を任せるのではなく、組織的に堅牢な体制が作れるような構造となるようなしくみを整えていくことが大切です。