RICOH

RICOHは、営業品質向上や業務効率化を実現するためのツールとしてタブレット端末とクラウドサービスを利用した事例を「RICOH Communication Club」で紹介しています。
最近では店舗にiPadなどのタブレット端末をおいておき、リアルタイムで情報を取り扱うようにしている企業も増えてきていますが、これはBtoCだけでなくBtoBの企業にも十分に応用が可能なことです。

RICOHの提供するクラウドサービスは「SYNCNEL(シンクネル)」というものですが、これは社内にある営業のための資料・カタログの内容をiPadを使用して簡単に共有できるようにするというものです。
現在はどのような企業においても取り扱う製品・サービス数が多く、問い合わせを受けても迅速に対応することができるのはかなり製品情報に精通したスタッフのみになってしまっています。
そこで問い合わせを受けた時に属人的なムラが出ないようにするため、カタログや製品についての情報を一元的に共有し、誰でもすぐに回答ができるような環境を作り上げていくのが「シンクネル」の役割となります。

シンクネルを導入するためには、RICOHと契約をすることでオンライン・サービスにログインできるようにするというだけで、そののちにはパソコンやiPadを使用してすぐに利用をしていくことができます。
新たに機器を購入したりサーバーやシステムを構築する必要もありません。
またシンクネルではカタログや書類のみでなく、オンラインで書き込み可能なメモ機能や同期機能などもあるので、その企業独自の業務内容にも簡単に適用をしていくことができます。