普通自動車免許

仕事に活かせる資格

仕事に活かせる資格として普通自動車免許は人気が高いです。
また、近年では都会などで取得率が大幅に下がってきている資格として有名です。

その理由ですが、今ではあまり普通自動車免許は不要にもなってきているからです。
バスといった交通機関の整備が進んでいますので、都会ではバス・電車のみで通勤が容易に行えるようになっています。
そのため、普通自動車免許の取得率が高い区域は、都会のような環境ではなく、郊外といった微妙に交通機関が整備されていない区域となっています。

ただ、普通自動車免許は仕事に活かせる資格でもあるので、保持者になっておくのは損ではありません。
例えば、営業職のほとんどが就職で必要となる資格に普通自動車免許を推しています。
不要というケースもあるのですが、こちらは稀なケースだと思っておいたほうが良いでしょう。
というのも、年々営業職に就く人の数が減ってきているため、普通自動車免許資格を持っている人が減ってきているからです。

昔は同乗者として資格不要だったのですが、今では個人で営業に赴くことが増えてきていますので、このような資格不要の業者で採用される割合も減ってきています。

運転スキルが最も大事

普通自動車免許は教習所を通じて得る資格です。
ですが、知識よりも運転スキルが重要となるので、知識のみあっても中々資格試験を突破できないことが多いです。

普通自動車免許は、仮免・本免で2種類の試験が用意されているのですが、実は仮免試験を突破されていない人でも、運転免許センターで本免にチャレンジすることができます。
ただし、狭き門となっているので注意してください。
実際に2割未満の合格者しかいない・・・と言われているほど、厳しい試験となっています。
一般的な資格に関する試験では、50%前後が当たり前とされていますので、本免のみの試験がどれほど厳しいかは容易に想像がつくでしょう。

仮免から試験を受けて行った場合、実技としてクランクコースの運転・運転中の指示器の操作・停車などの確認を試験内で見られます。
実技では失敗が目立つと、簡単に試験で落ちてしまいますので、先ずは実技のほうに力を入れるようにしましょう。
筆記試験については、合格者の割合が80%以上とされている試験が多いです。
これは本免でも変わらず、本免ではやや仮免よりも筆記試験で落ちる人が多い程度となっているので、それほど慎重になる必要もありません。

短期の取得が好ましい

普通自動車免許には短期集中コースが用意されています。

決められた日数だけ通い詰めるという内容のコースなのですが、こちらは費用を節約できますので、すぐに無駄なく普通自動車免許を得たいという人は、このような短期集中コースがあることも覚えておいてください。