管理業務主任者

マンション運営で必要となる

管理業務主任者は、国家資格の1つとして定番の人気を誇る資格です。
なぜ人気が高い資格なのか?というと、今でも定番となっているあるものが安定した就職・利益の獲得につながるとして人気が高いためです。

参考:管理業務主任者とは|一般社団法人 マンション管理業協会

「あるもの」とは「マンション」のことです。
マンションというと委託業者が存在するため、販売業者と委託業者に分類できるのですが、管理業務主任者資格は委託業者として運営を行っていく場合に必要となります。
マンションの委託業者は、マンション管理を行うわけですが、その際に管理業務主任者は管理業を営む人員の1人として、資格者として設置されるように決められています。

つまり、管理業務主任者保持者であれば、必要とされる職務においては設置されるよう決まっているのです。
これは国土交通省令で定められている人数を元にしていますので、一概に決まった人員数のみ設置されるわけではありません。
マンション経営は今では多角的経営が多く見られます。
つまり、自分に合った職場探しについても、多角化が進む現代社会ではそれほど難しいことではなくなっているため、就職チャンスが広がる資格として管理業務主任者は人気であったりもするのです。

管理業務主任者の資格は、試験に合格した後に管理業務主任者としての登録が必要となります。
その後、管理業務主任者証の交付が行われますので、交付を受けて管理業務主任者として活動する流れになっています。

試験内容

管理業務主任者試験ですが、想定される内容を簡潔にまとめると以下のようになっていることがわかります。

まず、管理事務の委託契約に関して学んでいなければなりません。
その際に、契約・委託契約を締結する観点において、必要となるものを知っている必要があります。
マンション標準管理委託契約書等の作成、管理においても理解が求められますので、マンション経営に関しての知識も必須となっています。

次に管理組合の会計についても学んでいなければなりません。
会計とは、収入・支出・調停・出納に関する会計処理、知識に関する理解力が求められます。
簿記や財務諸表論についても学習しなければならないため、管理業務主任者といってもマンションのことのみ学習するというわけではありません。

地方では試験を受けられない

管理業務主任者ですが、有名な試験会場では北海道、東京都、大阪府、福岡県の4県がございます。
そして、それ以外では北海道、宮城県、愛知県、広島県、沖縄県となっていますので、「地方で試験できない」という点を理解し申込むようにしましょう。