brother

・担当間の時間のやりとり

営業の 対応で課題としてあげられるのが書類をお客様に渡すタイミングがあげられます。商談などで訪問して、商談が決まったとしてもその際に渡す書類が後日になってしまい、納品のタイミングが遅れてしまうというケースがあります。

これは効率の良いやり方かというと、あまりそうは見えないですよね。安全を期して行っているという事を考えたとしてもタイムロスが大きすぎてお客様のためにならない可能性だってあります。

また、手書きで渡せる状況だとしても手書きで書いた書面のデータベースへの登録であったり、その行為に付随する作業が多く発生するため、工数が多くかかってしまいます。また手書きで対応すると入力ミスや記載ミスなどが発生してしまいます。

余計な工数がかかると会社の費用としても時間的に見たとしても効率が良いとは考えられません。

・持ち運び用のプリンターができること

もし営業担当がお客様先にプリンターを持ち運び、会社のデータベースとインターネットでつながっていたとしたら、お客様へのアクションスピードが格段にあがります。

まず手書きで伝票を出す必要がなくなるので、きれいな伝票をお客様に渡すことが出来ます。
対会社の取引の上で汚い字で伝票を渡すのも気が引けますよね。もちろん、字は綺麗に越したことは無いですが。

そして入力した金額や数量が自動的に会社のデータベースに反映されるとしたら、会社にいる営業事務の業務効率が格段に向上します。営業事務のルーチンワークの手が空けられれば、もっと分析であったり、他の業務に手をかけられるのです。更に余計に雇用して人件費がかかっていた部分をうまくカットして他の事に費用を充てられるかもしれませんよね。

お客様側もその場で伝票を入手することができるので、商談から伝票受け渡しまでのタイムラグが亡くなり、伝票の紛失を防ぐことも可能です。
商談から伝票受け渡しまでに時間が掛かり、更に郵送などで送られてきた場合に万が一の場合ですが紛失するというケースもあります。郵便事故だって起きるわけですから。

・モバイルプリンタを始めとしたモバイル化のメリット

モバイル化で有効なのはプリンタだけではありません。その他のシステムと連携させることでよりリアルタイムな、より効率性の高い業務が行えます。

例えば会計ソフトと連携させることにより、入力した数値が即座に反映されるので、即座に現在の経理状況が確認することが出来るのです。紙に書かれた書類を会社に持ち帰り、営業事務の人がその書類を見返しながら数値を入力し直すという煩雑な作業がなくなるのです。

会社の枠を超えた取引がモバイルコンピューティングで実現出来るのですね。